『ランメルモールのルチア』 藤原歌劇団 3月5日
Lucia4s.jpg




 結果的に、とても満足しています。みんな最大の成果を上げているように思えます。主役3人とも、特にルチアが、この難しい役を、特に破綻もなく見事に歌いきりました。このオペラは、っていうかドニゼッティ自体が初めてなので、ベルカントの型がどうとか言えませんが、ほんとによかったです。

 今回、ついに『影のない女』『トゥーランドット』『サロメ』と、見事に増えてきていた、”空席”が目立ちませんでした。公演日が2日しかないせいでしょうか。しかも2日ともキャストが違います。それぞれ1回しか歌わないのです。

 そんなことよりも、実は、藤原歌劇団って、もしかして初めてかもしれません。覚えてないのです。二期会は二十数年前から、何度か覚えているのですが。ふだんと違って、ここのところの立て続けの、自転車操業みたいなチケット取得オペラ通いのついでに、なにも考えず買ってしまいました。(ウソです)

 当方、ドニゼッティやベッリーニはちょっと敬遠しておりました。今までだったら買わなかったのですが、先日の「サロメ」に味を占めて、うっかり買ってしまいました。作品としてはやはり、「サロメ」とかワーグナーとかヴェルディに比べると、比べてはいけないが、ノンアルコールビールのような、アルコール度数が少ないような気がします。

 「サロメ」に「ルチア」に似たようなタイトルの…、そうですベッリーニ「ノルマ」ですが、こっちは2回ほど実演で聴いたことがあります。その時の主役を歌ったのは、リッチャレッリとグルベローヴァでした。「ルチア」で、アルコール度数を上げるには、もしかして、このような特別の名歌手が必要なのではないでしょうか。

 この「ルチア」、全曲はよく知らなかったにしても、「狂乱の場」というのは、サザーランドやグルベローヴァのCDで馴染んでいる曲でした。若き日の?超絶グルベローヴァのリサイタルでも2回聴いたことがあります。(今はそんなにすごくないと思う)

 急遽買ったチケット。予習のため『ランメルモールのルチア』のビデオを探したところ、ダンボール箱の中から、1本出てきました。あと10日後ぐらいにやってくる、フィレンツェ歌劇場、正式にはたぶん、フィレンツェ5月音楽祭管弦楽団と合唱団。ズビン・メータの指揮に(またっ)グルベローヴァでした。(他に歌手はおらんのか)たしか、今回は「運命の力」と「トスカ」をやるはずですね。

 「ルチア」のあらすじを見ると、この後の「運命の力」となんとなく似ています。恋人2人の家は、ロミオとジュリエットみたいに敵同士で、ヒロインの兄が命をかけて2人の仲を裂こうとします。恋人2人は、最後に自ら死ぬ。なんて救われないお話でしょう。

 「運命の力」に比べ、「ルチア」の方が、さらに恋人たちにやる気がありません。ルチアはとりあえず兄のいいなりです。恋人エドガルドと兄エンリーコは、互いの屋敷に現れても、口で言い合うだけで、殺そうとはしません。2回目にやっと決闘の約束をするだけです。何で今、その場で戦わないか。草食系かっ!。

 そのため、前回の、極端に動き回る「サロメ」の反対で、動きのない舞台です。舞台装置は、真ん中に道がある、というかスキー中級コースなみの斜面があるだけの舞台ながら、なかなかの雰囲気を出して好感を持てます。ただ、お話の流れからして、決定的場面というものがなく、出てきては言い争いをするだけで引っこむ、という、演奏会形式のような動きの少ない舞台でした。見た目が綺麗だったからいいけど。


2011年3月5日(土) 15:00開演 東京文化会館
指 揮:園田 隆一郎    演 出:岩田 達宗
合唱  藤原歌劇団合唱部
演奏  東京フィルハーモニー交響楽団                
ルチア      佐藤美枝子   
エドガルド    村上 敏明  
エンリーコ    谷   友博    
ライモンド     彭   康亮    
アルトゥーロ  川久保博史   
アリーサ     牧野真由美   
ノルマンノ   所谷 直生    

第1・2幕 15:00~16:25 85分
休憩 25分
第3幕 16:50~17:45 55分
スポンサーサイト

テーマ:オペラ - ジャンル:音楽

[2011/03/06 17:56] | その他のオペラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スコットとネトレプコの「椿姫」 | ホーム | 昨日への手紙>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/675-f8ce409b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |