■京都・奈良2日目・4月7日(木)■奈良・明日香■
2石舞台裏

☆石舞台古墳付近

 明日香にはいろいろな行き方があるが、基本的には、近鉄奈良駅から橿原または飛鳥駅で、レンタサイクル利用というのが普通だと思う。長くいるなら、近鉄の4日間有効のスルーパスを使うのがいちばん安く上がる。今回はJR奈良駅のホテルなので、桜井から行った方が近い。

 バスの待ち時間によっては、談山神社まで行って、石舞台に下ろうかと思っていたが、運良く石舞台行きがあった。途中、安部文殊院の桜が見事に見えたので、降りようかどうか迷ったが、この路線はまだ慣れていないので終点まで行った。

JR奈良8:00→桜井:31¥320。B桜井8:45→9:08石舞台古墳¥320。
 石舞台周辺を十分あるいた後、もっと奥の方へ歩き出したら、バス停があった。そこで急に、このバスに乗ってみようと思った。
亀バス9:59で上(かむら)10:03まで¥100。細川などの集落を通り石舞台まで歩く。

 上(かむら)という所は、要するに談山神社から下ってきた所なのだ。村もないのに、高速道路風の立派な陸橋がある。以前はずっと工事中だったが、いまでは、たまに車が通るようだ。


2神社横道

☆気都倭既(けつわき)神社横の道で上を見ると。

 そこから下りに歩き始めてまずあるのが、異様な雰囲気の「気都倭既(けつわき)神社」何度か通っているが、人の気配は全くなく、参道の幹の乱れ方がすさまじい。その後は民家と、川(冬野川といって、下流で飛鳥川に合流する)と棚田のある風景。


2火事

☆火事です!

 かなり下ってきたところで、大きなサイレンの音が鳴った。田舎だからお昼にサイレンが鳴るのかなと思ったら、山の中から煙が上がり、やがて消防車の音がして、2台の消防車が通り過ぎていった。

 約1時間かけて石舞台まで歩いてきて、ちょっと休んで(飲み物\120)から再度、亀バスに乗る。このバスは同じルートで、さっきと同じように一方の上流である上(かむら)までいって、一旦戻ってきて、さらにもう一方の飛鳥川上流に向かう。2回乗った、どちらのバスも、私以外もう一人乗客がいただけだ。このバス、止めないでほしい。


2栢森の家

☆栢森(かやのもり)の家だが、川に落ちそうになっている。

 棚田で有名な稲渕を通り、もっと奥の栢森(かやのもり)で降りる。ここの集落から下ったところで、大規模な工事をしている。ここにも新しい公園を作るらしい。そのあと「女綱」がある。これは初めて見た。稲渕にある「男綱」の対になるもの。わらで作ったものを、川の真ん中につり下げている。

 その下に、以前自転車で登ってきて力尽きて引き返した場所である「飛鳥川上坐宇須多岐比買命神社」という、名前も長いが階段も長い神社がある。ここも、まったく人の気配がない。

亀バス11:28で栢森(かやのもり)11:45まで¥100。同じく稲渕などを通り石舞台まで歩く。以上『石舞台付近の明日香村』。★★★


2女綱

☆見るのは初めて、飛鳥川上流の女綱。

そこから石舞台までは戻らず、左の道を取り、自転車道路を通り、橘寺、川原寺、天武持統天皇稜、とずっと歩く。飛鳥歴史公園管でちょっと休憩。アイス\120。カメラのバッテリー充電、高松塚古墳。ここの古墳は、2年前に急に様子が変わった。いかにも古墳といった形に変えられた。

 以上は毎年のように通っているが、その奥にある文武天皇陵には、初めて行った。その先の栗原寺跡を通り飛鳥駅。以上『高松塚付近の明日香村』。★★
近鉄飛鳥駅2:59→橿原神宮前乗り換え→大和西大寺乗換え→近鉄奈良3:52¥560。
スーパー\596。飲み物\120。
ホテル着4:50pm。

まだ桜は全然咲いていません。五分くらいです。そのせいか、桃が目立ちます。

スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2011/04/23 21:56] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『フィガロの結婚』 スウィトナー指揮1964 前編 | ホーム | ■京都・奈良1日目・4月6日(水)■東京→山科~奈良■ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/710-e09c49b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |