■京都・奈良3日目・4月8日(金)■奈良市街■
3高松塚

3駅前ホテル

3二月堂

3薬師寺

3薬師ameto

☆以前とはガラッと変わった高松塚古墳。
☆奈良駅前のホテル。
☆誰もいない東大寺二月堂。
☆凍れる音楽、薬師寺東塔
☆薬師寺東塔には雨が降っている。


 市内循環バスJR奈良駅前→氷川神社前¥200。
 以前あったはずの、そしてどこの街でもよくある、100円循環バスがなくなっていた。そして、駅前からバスにはたくさんの人が乗っていたから、東大寺などへ行く人が降りるかと思っていたら、私の他誰も降りないのに驚いた。みんなどこまで行くのだろう。他にこのバスで行く場所も見当たらないのだが。

 観光案内所で言っていたように、氷室神社は満開だった。
『氷川神社、東大寺大仏殿前、二月堂、手向山神社、若草山前、春日大社前、鹿苑、浮見堂、興福寺、』 全部まとめて★★。
春真っ盛りで、こんなに人のいない東大寺は初めてだ。二月堂9:15→浮見堂10:15。
奈良駅近くまで歩いてきたところ、11時頃から雨が降ってくる。あわてて奈良国立博物館へ11:10~:40。雨が止んできた。

近鉄奈良駅前のパン屋で\310。西大寺駅の待ち時間に食べる。
近鉄奈良→西大寺乗り換え→西ノ京¥250。
『薬師寺』。★★¥800。10年前に来て以来だが、そうなのだ、ここは入場料が高いのだ。以前は工事中だった、大講堂と大仏は見ることが出来た。玄奘三蔵院伽藍方面は、見ないからといって安くはならないようだ。おまけに雨のためすべるから、どうしてもという人以外は、近づかないように言われた。玄奘三蔵院壁画はガラスばり(アクリルだろうけど)で、囲まれていた。係員の話によると、最初の年だけ、中に入って絵の近くで見ることが出来たらしい。印象がずいぶん違う。見たはずだが、覚えていない。

 うちの近くの、目立たない田んぼの真ん中に「玄奘三蔵のなんとかかんとか」という石造りの13重の塔みたいなものがある。北京の大慈恩寺に行ったときも、埼玉になんとかがあるという説明があったが、ここでもこんな解説がある。
「昭和17年(1942)に南京に駐屯していた日本軍が土中から玄奘三蔵のご頂骨を発見しました。その一部が昭和19年(1944)に全日本仏教会にも分骨されましたが、戦時中でもあり、埼玉県岩槻市の慈恩寺に奉安され、その後ご頂骨を祀る石塔が建てられました。」

 本日(4月8日)は、お釈迦様のお誕生日です。という張り紙があった、めでたい。あの三重の塔はすばらしいが、また10年ぐらいはこないでしょう。

『唐招提寺』。★前を通り、『垂仁天皇陵』。★横を歩き、尼ヶ辻駅2:32→西大寺乗り換え→近鉄奈良3:04。\200。
唐招提寺は、以前入ったときは、工事中で少ししか見ることが出来なかった。垂仁天皇陵は、いつも電車から見る景色で、歩いたのは3回目だ。これはしかし、平城宮跡羅城門といっしょで、電車から見ているのがいいのかもしれない。
珍しく西大寺駅中で「えびすカレー\400」、食べてみました。まあまあです。
奈良観光では、いつもこの混み合っている西大寺駅でのりかえるのが、ちょっと面倒です。JRは本数が少なくて使いにくいです。
スーパー\646、コンビニ\220。
今日は雨なので、近場にしておきました。小雨だったのが幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2011/04/26 19:30] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<水色の恋 | ホーム | 『フィガロの結婚』 スウィトナー指揮1964 前編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/712-ba2f4040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |