■京都・奈良9日間■今年のホテルは格安だった■
10ホテル1

10ホテル2jpg

10ホテル5jpg

10ホテル6jpg


10ホテル3jpg

10ホテル4jpg


☆ホテルの部屋と眺望


 今年の桜の時期は、東北の大震災が起きて、まだ1ヶ月と立たない状況もあり、日本中で旅行をする気分が失せていたようだ。そのせいか、例年3ヶ月前ぐらい前に決めないと取れないホテルが、そして2週間前まで埋まっていた奈良・京都のホテルで、4月に入って空きがみられるようになった。

 予約していた人の、きっと、直前になってキャンセルが相次いだのだろう。他の時期よりもホテル代を高く設定しており、かつそれでもいままで取ることの出来なかったホテルが、ディスカウント価格で売り出している。そのため、出発の前の日までホテルの予約と変更を繰り返した。実際に前の日の4月5日、予約していた同じホテルが、ほぼ同じ部屋を2千円引きで出したので、それを予約し、以前のをキャンセルした。

 奈良・京都のツアーを旅行会社で取るときは、「ホテルフジタ奈良」「京都国際ホテル」「京都ハートンホテル」などの、ビジネスホテルよりはちょっとだけマシ!クラスに泊まる場合もある。シングル1泊8千円ぐらい。ただし、格安5連泊などが取れた場合だけ。

 通常は、そして毎日移動するときは、シングル一泊5千円ぐらいのビジネスホテルですますのである。この手のホテルは、なんといっても、建築年代が新しいモノに限る。そして全国展開しているホテルの方が使いやすい。新しいホテルだと、3千円分は快適だ。

 今回、いつも高くて、あるいは売り切れていて買えなかった、奈良と京都のホテルで、通常より2~3千円引きで泊まることが出来た。そのせいもあって8泊もしてしまったのだ。

 インターネットで予約できるホテルの値段表示は、ホテルの格式もあり、表面上はそれなりの値段が表示されている。しかし、いろいろな部屋プランなどを検索すると、高い値段の中に混じって、目立たないように、「期間限定なんとかプラン¥3980」なんていうのが混じっている。

 大きな声では言えないが、ほんとは安くてもいいから部屋を埋めてほしいのだろう。そして、ホントにこんな値段で泊まれるのだろうかと疑いつつフロントに名前を言うと、他のお客に聞こえないように(そうとしか思えない)、電卓を見せて「お部屋代はこうなっております」と言う。

 フロントで、この値段でもう一泊とまれる?と聞くと、「あちらのインターネットで予約してください」と言われる。あくまでもフロントでは通常の値段なのだ。


 最近はこのようなビジネスホテルに影響されてか、一般のホテルでも良くなってきたが、それでもなかなか追いつかない新しいタイプのビジネスホテルの特徴をあげる。

 ●いろいろな種類の枕が、廊下かフロントに置いてある。
 ●ズボンプレッサーが廊下に置いてある。
 ●洗濯機・乾燥機がある。
 ●室内に空の冷蔵庫がある。
 ●室内に空気清浄機と除菌スプレーが置いてある。
 ●シングルでもセミダブルサイズのベッド。
 ●全身が映る鏡がある。
 ●湯沸かし器とお茶がある。
 ●寝間着が浴衣ではなく、コートのようにボタンで留められるようになっている。
 ●朝食無料で、和食の所もあり、6:45~のところもあり。
 ●3割ほどは、温泉または大浴場がある。
 ●電子レンジ、普通より安い自販機がフロント階にある。
 ●1階、または近くにコンビニがある。
 ●毎日、テレビ番組をコピーしたものを置いてある。
 ●関西では、ホテル発送の宅配便の値段が100円から200円安い。
 ●網戸が着いている。
 ●インターネット・パソコンが無料で使える。
 ●テレビが薄型液晶に!(2010~)

 以上の点が、ここ10年、毎年進化している。

 問題点は、狭いユニットバス形式のバスタブとトイレ、そして換気扇の音が、なかなか気持ちよくならないところです。ちょっとした田舎に行くと、この手のホテルがないので困ります。
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2011/05/17 21:32] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<石楠花咲き始めに桜散る室生寺 | ホーム | ■京都・奈良8日目・4月13日(水)■その2 天空の竹田城■ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/723-4b962c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |