だいぶムリをして生きていますが。
ムリして生きて



 当方、埼玉県のため、熊谷ほどではないにしろ、よのなかの平均よりも暑さを感じていると思います。節電モードに影響されたわけではなく、自分の体調を調べるために、午後ずっとエアコンを止めてみた。寝るときはもちろんエアコンは止めている。省エネなんか意識しなくても、他の人に比べたら、私は十分質素な生活をしている。蚊帳で寝ていたこともあるし。

 食事は、普通の人の半分だし、携帯、車などは持っていない。だいたい、みんなで車をやめちゃえば、そうとうのエネルギーが要らなくなるはずだ。それに自分で働いて給料をもらうまでは、エアコンなんてない生活をしていた。車を持っていたときも、エアコンを付けていなかった。

 家のマンション(いつもいる部屋)は午前中日が射して、午後は日が当たらない。さすがに午前中はエアコンを付けて、お昼を食べたあとエアコンをずっと止めてみた。夕食の7時まで。いつもは付けたり消したりしている。

 途中、買い物に外を40分くらい歩く。バナナ1本食べ、コーヒー半分飲んだ。コーヒーは、あたりまえだが、ホットだ。テレビなんかでは、20分おきに水を飲め!なんて大騒ぎで言っているが、たぶん半日ぐらい、何も飲まなくても大丈夫だ。

 普通の気候の時は、スポーツクラブで1時間ちょっとトレーニング、その前後1時間半ぐらい歩いて行く、その間、水を全く飲まないこともある。逆に、水分をとると体調が悪くなる。普段から、半日ぐらいは何も飲まないのだ

 じゃあ、現代人に多い、汗をかかない体質なのかといわれると、そうではない。夏は外を歩いたりすると、脇アセどころじゃなく、服が全部濡れて、逆に濡れているとわからないくらい汗をかく。

 汗のことを考えても、どう考えても、飲んだり食べたりした水分よりも、出す方が多い。

 以前テレビで見た、飲まず食わず生きている人は、他の機能は普通の人と同じなのだが、肺だけは違って、空気中から水分を取り入れられるようになっているらしいと言っていたが。まさかそんな特別な機能があるわけではないだろう。


 もともと、暑さに耐えやすく、寒さに弱い体質だ。今週は1回だけ、40時間ほど、水ちょっとだけで、なにも食べずに過ごしてみた。まあ、とにかく、日の当たらない室内にいる限りは、エアコンなしで、飲まず食わずでも、しばらくは生きられるだろう。今度は1日中、電気を使わないというのを試してみたいが。

 「節電のためにムリをしないように!」 なんて言っているが、
無理や我慢をしないで生きることが、普通の人に出来るのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

[2011/07/15 19:46] | 健康的生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『フィガロの結婚』 スウィトナー指揮1964 後編 | ホーム | 『エレクトラ』 アバド ウィーン国立歌劇場 1989>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/754-9964033d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |