■滋賀・京都4日目・11月23日(水)その1■京都・清滝■
a5-1清滝

a5-2清滝

a5-3清滝

a5-0植物園



 3泊・4泊目は大津の格安ホテルです。彦根とは違うチェーンホテルです。
ホテルin4:50。2泊で¥9000。

 彦根のホテルと違う、悪いところは朝食が付いていない。部屋がちょっと古い。であるが、良いところもたくさんある。フロントでおしぼりが出る。新聞も持ち帰り自由。部屋にハンガーが多く、ズボンプレッサーもある。そしてなによりすごいのは、部屋にパソコンがある。正確に言うと、テレビに小型パソコンがくっついている。これは本当に便利だった。

 まあ、ホテルが南口で、ちょっとへんぴなところではある。そこで、北口側のスーパーに、地下通路を抜けて食料を買い出しに行った。\1514。


 さて、次の朝、8:00amホテルを出る。が、朝食を食べていないので、
 ▼JR大津8:12→京都 \190。 コンビニでおにぎり\215。それだけだ。
 ▼M京都→四条8:35。 
ここから「京都観光2日券」の乱用が始まります。
 ▼市バス 四条8:48→高雄9:50 (料金を払うと\500)

 さて9:55から、神護寺に向かって登る。しっかし、紅葉が全然ダメ。2007年に来たときは、紅葉が素晴らしすぎて、お寺の中に入らず。今回は、ダメすぎて入る気にならず。なにしろ¥500もするし。今までの経験からして、途中までの景観が良すぎると、料金を払って中にはいるとガッカリするのである。お城の天守閣もそう。

 清滝川まで下ってきて、ここから1時間くらいかかるらしい、嵐山の念仏寺のちょっと上流にあたるところまで歩く。自販機でコーヒー\130を買い、持っていたおにぎりを食べる。

 奈良の山を歩いていると、1時間くらい人に会わないこともあり、怖い思いをするのだが、ここはそんなことはない。けっこう人が歩いている。さすがは京都である。私が歩き始めたときも、周囲に10人ほどが歩いていて、写真を撮るときだけ、追い越して先頭に立つなど、回りに気を遣わなければならなかった。景色は、そこそこだが、初めてなので面白かった。1時間くらいというのは、ちょうどいい。

 さて、高雄行きは、市バス(JRバスでも行ける)であったが、清滝からの帰りは京都バスのみである。この辺の複雑さが、計画を立てるときに混乱する。実は、ここから嵐山まで歩いて行く事も出来るのだが、悪名高い「清滝トンネル」は危険そうなので、バスで通過した。バスの時間が合わなければ、狭くて暗いトンネルを歩くつもりで、いちおう懐中電灯も持っていた。バスで通過するときは、歩行者がいて、バスは最徐行で、危険そうだった。

 なにしろ紅葉がダメなので、チャレンジする気もないのである。この次は、危険なトンネルを歩いてみるかな。

 ▼京都バス清滝11:46→12:42太秦天神。
 バスは、ぎしぎし満員だったが、ずっと座れていた。まあ、行きは、町中のバス停だったので、いろんな方面に向かう人がゴッチャゴッチャにいたので、前に列んでいる人とお話なんぞしているうちに、ちょっとズルをして乗り込んだような気がしないでもない。10種類ぐらいの行き先があるので、どの列が、どのバスに乗るのかさっぱりわからない。

 で、座っているにもかかわらず、昨日と同じで、こんなバスが嵐山の繁華街を通って京都駅に向かうもんだから、時間がかかりすぎて、耐えられない。途中で降りるのだ。幸い、地下鉄東西線の端っこ「太秦天神」があったので、興味もあり、乗り換えた。

スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2011/12/22 18:34] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<クリスマスの前日に埼玉大学管弦楽団 | ホーム | 兄小林秀雄との対話  高見沢潤子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/838-4ffc02ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |