■滋賀・京都5日目・11月24日(木)■京都・東山を歩く■
a7-12maruyama.jpg

a7-13kenninn.jpg

a7-2syouren.jpg

a7-3syouren.jpg

a7-1fuji.jpg



ホテル出発8:35。 宅配便\1160。
▼JR大津8:44→京都:54→東福寺9:06、\230。
今日は、「京都観光2日券」がないので、節約して歩きます。
 東福寺は、やはり紅葉がたいしたことないので、金堂の廊下でしばし休んで、今まで歩いたことのない道を北上する。東福寺から京阪本線に沿って歩くとJR東海道線の高架下を通り抜けられる。

 しばらく歩いて、右に曲がると、三十三間堂にでる。左に曲がり、三十三間堂を左に見て歩きながら、右手にある「養源院」に入る。ここは2回目だが、やっぱり以前より紅葉はサッパリよくない。そのまま進んで、博物館(工事中だった)の左に入り、しばらく歩くと、豊国神社、方広寺と豊臣関係ものをちょっと覗いて進む。そのまま五条通りを突き抜けちょっと右に曲がると、六波羅蜜寺だ。今年の大河ドラマ「平清盛」の関連番組で出ていた。

 そのまま進むと、「建仁寺」の裏口に当たるので、入る。ここは、桜の名所であるが、紅葉もそこそこいいし、なにより、人が少ない。適当な石の上にすわって休む。ここを出ると、祇園に近くなるので、急に華やかになる。「京都で大人になる」というポスターが貼ってあった。右に曲がり「八坂神社・円山公園」を通過する。円山公園の池の周りの紅葉はなかなかよかった。その前で、一心不乱にたこ焼きを食べている三人組女子高生がいたなー。

 「知恩院」のまいど見事な三門から入って、反対側から出る。そうすると「青蓮院」がある。数年前、秋の夜間ライトアップを見に来た。ここなら、紅葉関係なくいいような気がして、500円も払って入った。今回のツアーで、京都で拝観料を払ったのは大原三千院とここだけ。

 そのあと、なんと、珍しいことに、出たところにあるレストランていうか、喫茶店というか、小さいお店に、お客がいなかったので、入ってみた。新幹線の時間までちょっとあったのだ。今考えると、そんなもの食べたこともないのに、なぜだかわからないが、焼きそばランチを頼んだ。おいしかった。

 青蓮院 11:45~12:30 、\500。
 レストラン なぜか「焼きそばランチ」\950。
▼M東山1:12→京都:27、\250。コンビニ\234。
▼JR新幹線こだま、京都2:05→5:47東京。4:40に富士山がよく見える。

 ここで、新幹線こだまにのみ付いてくる特典についてお話ししよう。新幹線のひかりとか(たまにはのぞみ)には、何十回か乗っているはずだが、世界遺産になり損なっている「富士山」をちゃんと見たことはない。寝ているということもあるが、すぐに通りすぎるようなのだ。いつも、チラッと見えるだけだった。

 ところがこのおそーい「こだま」に乗ると、かなりの長時間、裾野まで全部さらされた富士山の全貌を見ることができる。あれっ、知ってましたか。新富士駅(しんふじえき)に停車するために、スピードをゆるめる。それで、極度にハッキリとした富士山がけっこうな時間、車窓に現れる。

スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

[2012/01/13 21:55] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<ヴァルパンソンの浴女 アングル1808 | ホーム | 人は自分の幸福を考えるべきです  古典の読み方>>
コメント
にけさん
初めてコメント書く私ですが
いつも訪問していましたので、こう言わせていただきます。
「今年もよろしくお願いします」

年始早々アフリカ方面に出かけていました。帰国後すぐに仕事に復帰し、やっと体から香辛料が抜けていったかな・・というところです。
にけさんも色々ご旅行なさってるようですが、次のプランは既にお考えですか?
またご紹介くださるのを楽しみにしています。
今年は、にけさん、また日本にとっても良い一年である事を祈って。


[2012/01/14 12:53] URL | わがまま・きまま #O9cdDKlc [ 編集 ]
 わがまま・きままさま、コメントありがとうございます。

 一昨年、チュニジアに行ったっきり、あの辺は革命の連鎖になって、行きにくくなりましたね。その前は、アフリカ・中東で最も安全な国といわれていたのに。

 次のプランはよく聞かれるのですが、格安のツアーを見つけたら検討するだけなので、一ヶ月前ぐらいでないと決まりません。そこへ行くと、国内ツアーは3・4ヶ月前からホテルなどを予約しています。
[2012/01/15 18:00] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/851-bb7eb16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |