ヴァルパンソンの浴女 アングル1808
アングル浴女



 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(Jean-Auguste-Dominique Ingres, 1780年8月29日 - 1867年1月14日)
フランスの画家。ロココに反抗して質実剛健な描写をしたダヴィッドの新古典主義を継承する。以降、台頭してきたロマン主義(ジュリコー、ドラクロワ)の対抗馬としてフランス・アカデミーで活躍する。

 彼に近い画家としては、5年ほど年長にフリードリッヒ、ターナー、コンスタブルがおり、10年ほど後にジェリコーが生まれる、といった年代である。

 ロマン主義絵画は、主に主題と色彩に変革をもたらした。アングルは、主題は古そうに見えるが、徹底したデッサンと形態の変容が最大の特徴である。したがって、案外、一般の人には評判が良くない。(ような気がする)

 子どもの頃、うちにある百科事典の絵画紹介のコーナーを見ていて、1点だけ写真がまじっているのが不思議だった。その、とても絵とは思えない自然な写実的描写の作品が、油絵だと分かったのは、ずっと先のことである。

 もちろん、2回ほど行ったルーブル美術館では、じっくりと見た。さすがに、この巨大美術館では、特別扱いもせず、他の作品同様に、普通に壁に掛けてあるだけだ。昔見た写真はそうではなかったが、近くで本物を見ると、この写真によく出ているように、キャンバスから浮いたようなヒビ割れが多くて、驚かされる。(そういえば、モナリザなんかも、ひどく表面が湾曲している)


ヴァルパンソンの浴女
(Baigneuse dite de Valpinçon) 1808年 146×97.5cm ルーヴル美術館

 以下、Wikipediaより
 アングルは絵画における最大の構成要素はデッサンであると考えた。その結果、色彩や明暗、構図よりも形態が重視され、安定した画面を構成した。その作風は、イタリア・ルネサンスの古典を範と仰ぎ、写実を基礎としながらも、独自の美意識をもって画面を構成している。こうした「復古的でアカデミックでありながら新しい」態度は、同時代のダヴィッドなどのほか、近現代の画家にも影響を与えた。印象派のドガやルノワールをはじめ、アカデミスムとはもっとも無縁と思われるセザンヌ、マティス、ピカソらの画家にもその影響は及んでいる。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/01/16 17:36] | 名画100選 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<生でないと本質は伝わらない。だけど… | ホーム | ■滋賀・京都5日目・11月24日(木)■京都・東山を歩く■>>
コメント
初めまして
ボダンツキーでこのブログを発見して、カテゴリ名を見て「おっ」と思いました。

オペラ大好きなんですね。

私も普段聴くのはほとんどオペラです。どうも日本のクラシック愛好家は交響曲などの器楽曲中心でオペラを聴く割合が非常に少ない。おかげでブログなどでも面白いものを見つけるのが難しく、寂しい思いをしてたところなので、このブログは心浮き立たせます。

それに絵画やビートルズなどの趣味もいいですね。

あと、このブログまだ読み始めたばかりなのですが、京都や滋賀に旅行しているのでしょうか?私自身は京都に住み、父は滋賀に住んでます(父はやはりオペラ好きで、日本リヒャルト・シュトラウス協会会員です)

これから読ませてもらいますね
[2012/01/18 18:00] URL | 猫大好き #- [ 編集 ]
ありがとうございます
猫大好きさま、コメントありがとうございます。

わたくし、毎年奈良と京都を訪問しておりますので、京都に住んでいるなんて、うらやましい限りです。

そういえば、永らく忘れていましたが、日本リヒャルト・シュトラウス協会の発足時、3年ほど会員になっていました。あまり出席できなくなったので止めました。

オペラ大好きですよ。オペラの中に、人生の本当がある!と思っています。猫大好きさまのブログはこれから拝見させていただこうと思います。こちらこそ、よろしくお願いします。
[2012/01/19 16:13] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/853-62006ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |