恥ずかしながら 平清盛 を見始めている。
NHK清盛



 今年のNHK大河ドラマ 平清盛 を見始めている。

 大河ドラマといわず、ドラマや映画はあまり見ない。それなのになぜか見始めてしまった。坂本竜馬は好きなので、「龍馬伝」は見なかった。史実と違ったところが多いので、そこそこ知っている人物だと気分が悪くなるのである。

 今、思いつく歴史上の人物だと、蘇我馬子、藤原不比等、北条時政(頼朝と同時にやったけど)、足利義教などをやってくれると興味が湧くような気がするのだが、やらないでしょうな。しかし「日野富子」みたいな人でも採り上げているから、可能性はないわけではないが、視聴率は最低だったみたいだ。

 過去に見た大河ドラマは、「新・平家物語」「国盗り物語」「おんな太閤記」「毛利元就」だけである。ざっと、10年に一度のイベントぐらいにしか見ていません。そして、最初に見たのが仲代達也主演で平清盛を主役にした「新・平家物語」でした。ほとんど専制君主の後白河法皇との戦いですな。

 なので、「平清盛」、見たくなりました。出てくる役者は、仲代達也ほどの人は、まったくいないのが残念ですし、伊東四朗が白川上皇なのも、ちょっとしたお笑いです。兵庫知事が「瀬戸内海の青出てない」「画面が汚い」などなど批判しているようだが、瀬戸内海をエーゲ海だとでも思っているのだろうか。映画風の色調で、この手のドラマにしては美しい映像だと思うけど。


 まずドラマの最初に、鎌倉のシーンで、源氏方が「平家が壇ノ浦で滅亡した!」という雄叫びをあげる。その声をかき消すように頼朝が「平清盛がいたから武家政権が出来たのだ」、手放しに喜ぶんじゃない、という表情をする。

 頼朝の頃の鎌倉は、まだ全国政権ではなかったし、後白河法皇を幽閉するなどの、清盛の持っていた権力は、持ち合わせていない。足利幕府も義満を除いて、たいした力は持っていない。清盛の力を考えると、白川天皇の実子であったのかもしれないが、資料はないのである。ただ白川天皇が孫の鳥羽天皇に自分の子を押しつけて、次の崇徳天皇にしたことは事実のようだ。いかにもやりそうなことだったのである。

 院政は、藤原氏と関係ない、後三条天皇が準備していながら、それが裏目に出て、子の白川天皇の時に実施された制度である。この時の天皇の親子関係を順番を簡単に書くと。
後三条→白川→堀川→鳥羽→後白河です。
崇徳天皇と後白河天皇は同世代で、鳥羽天皇の子に当たるのですが、ほんとうは崇徳は白川の子なんですね。

 そうすると、「新・平家物語」を見ていて、清盛よりも、立場上、なんとなく年上だと思っていた後白河法皇ですが、清盛が崇徳と同じで白川の子だとすると、世代で言うと、堀川と同じで、清盛の方がずっと上になる?
まあ、ひ孫の代まで子を産んだ、白川天皇がすごすぎるということで。
後三条と白河を主役に据えてドラマを作っても面白そう。


スポンサーサイト
[2012/01/24 18:25] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<■ リスボンの長い1日 6 グルベンキアン美術館へ | ホーム | 振れば、基本的には出来上がるのがプロ>>
コメント
はじめまして。^^
足跡からお邪魔いたしました。
素敵なブログですね。(*^^*)
そして、偶然にも私も珍しく「平清盛」で大河ドラマを見ています。
そして、過去に見た大河というのも「毛利元就」だけ。(笑)
子供の頃にうっすら記憶にあるのが「おんな太閤記」で、にけさんと同じだ~って思っちゃいました。^^

私は崇徳上皇が流された讃岐に住んでいるので、今後の崇徳vs鳥羽上皇、崇徳vs後白河上皇に興味があります。
にけさんは色んなことにお詳しそうですね。^^
また遊びにこさせてください!
[2012/01/24 18:47] URL | picchuko #- [ 編集 ]
よろしくお願いします。
picchukoさん、ありがとうございます。

わたくし、最近思うに、国内で通過もしていないのは讃岐だけだということに気づきました。といっても、直島は行ったことがあります。

「おんな太閤記」「毛利元就」だけ見ているとは、なんていうか、好みが同じなのかもしれませんね。これからの戦いを楽しみにしています。そうそう、ザルツブルグはもちろん好きです。モーツァルトの街ですもの。
[2012/01/25 00:24] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/857-1fbaa26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |