■ グルダのモーツァルトソナタ集  1月の図書 ■
gulda-moz.jpg




 モーツァルトのピアノ協奏曲の多くの曲は、かつて、ブレンデルとマリナーをよく聴いていた。しかしその演奏に感心していたわけではなく、たまたま曲が揃っていたので、協奏曲の教科書的に聴いていただけだった。

 その後、グルダとアバド・ウィーンの4曲の演奏を聴いて、そのすばらしさに目覚めた。特に第20番を気に入って、ハスキル盤ともども、よく聴いたものである。アバドの演奏に関しては、後でゼルキンと入れたときのロンドン交響楽団でのほうが味わい深い。

 ちゃんとピアノ・ソナタの録音をしてくれない人で、ソナタの方は、バラバラなアルバムで聴いた覚えがある。しかし、モーツァルトのピアノといえばグルダと、いうのが私の定番であった。

 ピアノ・ソナタに関しては、あまり聴いていない。ハスキル、クラウス、ヘブラー、ブレンデルなどは、ちょっと聴いて、好みじゃないと思ってやめている。全集で持っているのは、ギーゼキングとグールドだけ。

 グールドの曲集には、もっとも好きな演奏があり、それはもう幸せな気分にさせてくれる。今回(2006年発売)の、グルダの曲集は、ほとんどの曲でそんな幸せ感を味わうことができた。

 グルダの意図したことか、マスターテープが残っていなくて、エンジニアの遺品の中に残されていた、カセットテープにコピーされたものが元になっているそうだ。この3枚組のあとで、より不完全な残りの曲を入れた2枚組が発売されて、全集に近くなっている。

 こんなモーツァルトって、ありましたか。
 屈託のない、幸福感あふれる、天真爛漫な演奏です。


モーツァルト・アーカイヴ モーツァルト・アーカイヴII モーツァルト・アーカイヴ完全版



★The Gulda Mozart Tapes 3枚組
『フィガロの結婚』ベーム
「タンホイザー」ドレスデン版 バレンボイム
「エディプス王」 ストラヴィンスキー 小澤征爾
Wagner:Orchestral Works Vol.2 1953 クナッパーツブッシュ ウィーンpo
Wagner:Orchestral Works Vol.3 1959 クナッパーツブッシュ ウィーンpo
ブラームス ヴァイオリン協奏曲 他 アバド
ベートーベン 交響曲第5・6番 クライバー
ブルックナー第6番 Klemperer64
ブルックナー第6番 インバル
ブルックナー第6番 ヴァント95ライブ
ブルックナー交響曲第7・8・9番 シューベルト第5番 セルジュ・チェリビダッケ
ブルックナー交響曲第4・5番 モーツァルト第35番 セルジュ・チェリビダッケ
ブルックナー交響曲第7・8・5番 リハーサル セルジュ・チェリビダッケ
ブルックナー交響曲第8番 Gennady Rozhdestvensky:
ブルックナー交響曲第8番 Stanislaw Skrowaczewski
ブルックナー交響曲第8番 Knappertsbusch:ベルリンpo 1951年1月8日ライブ
ブルックナー交響曲第4番 クレンペラー
ブルックナー交響曲第5番 クレンペラー ライブ
ブルックナー交響曲第4・5番 モーツァルト交響曲《ハフナー》 チェリビダッケ
マーラー交響曲第9番 アバド ベルリンPO
★チャイコフスキー交響曲第6番 チェリビダッケ
シューマン 第2番 チェリビダッケ
Shostakovich: Cello Concerto #1, Cello Sonata  Han-Na Chang; Pappano: London S O
ベートーヴェン:交響曲第5・2番 小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラ

紅雀 松任谷由実
オリーブ 松任谷由実
コバルトアワー 荒井由実
リインカネーション 松任谷由実
NO SIDE 松任谷由実
14番目の月 荒井由実
元気です よしだたくろう
NARKISSOS サディスティック・ミカ・バンド
戦争と平和 ザ・フォーククルセダーズ

映画 エイリアン4
映画 おくりびと
映画 エイリアンVSプレデター
「ワルキューレ」バレンボイム スカラ座 ビデオ


孫正義「規格外」の仕事術 三木雄信
オタク学入門 岡田斗司夫
奥様はネット懸賞達人 『懸賞なび』当たる!懸賞本シリーズ 小島 かつら
定本納棺夫日記 青木 新門
るるぶ山陰 '12 るるぶ情報版 中国
★じつは体に悪い19の食習慣 新書 南 清貴
永沢まことのとっておきスケッチ上達術 永沢 まこと
「見た目」で選ばれる人 竹内 一郎

★拍手のルール 秘伝クラシック鑑賞法 茂木大輔
誰も知らなかった絵画の見かた 大橋巨泉
正義で地球は救えない 池田清彦
恋愛書簡術 中条省平
14歳の生命論 長沼毅
悪魔の用語辞典 副島隆彦

一生幸福になる超訳般若心経 苫米地 英人
仕事で差がつく!エバーノート「超」整理術 戸田覚
ホメオパシーバイブル レメディー・ガイドブック アンビカ・ウォーターズ
村上式シンプル英語勉強法 使える英語を、本気で身につける 村上 憲郎
きれいになること Natural Care Life 廣瀬 裕子
★文章は写経のように書くのがいい 香山 リカ


   

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2012/02/01 18:00] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<基礎デッサン用大理石像 「パルテノンのビーナス」 | ホーム | ルーブル美術館では模写を。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/861-9463fd0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |