基礎デッサン用大理石像 「パルテノンのビーナス」
ルーブraborutoss

ラボルトBs



 絵画修行用の胸像タイプの石膏像としては、マルス、ブルータス、パジャント、ゲッタ、ヘルメス、聖ジョルジョ、モリエール、アポロ、アリアスとありますが、まずは、これから。

 紀元前5世紀のギリシャ、フェイディアス派の作品と言われる女神の像です。元々、パルテノン神殿の破風にあったとされ、「パルテノンのビーナス」と呼ばれます。以前は、持ち主であったラボルト伯爵の名前を取って、「ラボルト」と呼ばれていました。現在は、ルーブル美術館にあります。
 
 豊かで健康的、少女か少年かわからないぐらいの中性的端正な顔立ち。顔を描けるようになるための基礎として、この像をデッサンするのが最適かと思います。

スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/02/03 20:25] | 油絵講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<続・ルーブル美術館では模写をしましょう。 | ホーム | ■ グルダのモーツァルトソナタ集  1月の図書 ■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/862-71d40372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |