「ドン・ジョヴァンニ」 ベーム指揮 プラハ1966 第1幕
bohm66LP.jpg





 ベームの「ドン・ジョヴァンニ」といえば、1977年のザルツブルグ音楽祭ライブの方が有名です。なぜこのベーム唯一のスタジオ録音が、それほど人気がないかというと、オケがウィーンとかベルリンとかフィルハーモニアとかじゃないせいもあるのではないかと思います。なにしろプラハ国立劇場管弦楽団とプラハ・チェコ合唱団です。

 ベーム以外でも、めったに聞くことのない名前ですが、よく考えると、モーツァルトに「ドン・ジョヴァンニ」を注文したのは、そして初演したのは、プラハでしたね。そのせいか、このレコーディング風景は映像も残されているようです。

 現代の、たとえばガーディナーとかハーディングとかの演奏、あのアバドでさえ少し古いものとは全く違った演奏をします。アバドにはもっとゆったり堂々とした、横綱のような演奏をしてほしかったのに、現代的で早くて軽い仕上がりになっており、がっかりしているこのごろの演奏です。

 そういう現代的演奏に比べると、ベーム1977年盤を買った当時からなんとなく感じてはいましたが、フルトヴェングラー、カラヤン、ベーム新の演奏は、かなり近いものです。同じ伝統に生きているのでしょう。他の曲はそうではありませんが、「ドン・ジョヴァンニ」はそう感じます。

 ところがこの1966年のプラハ盤は、ちょっと違います。非常に繊細な表現で、フィナーレのような、強烈な全奏部分でも、弱めにソフトに仕上げています。テンポには、ハッとするような奇をてらったところはありません。

 ベームは、『コジ・ファン・トゥッテ』でも『フィガロの結婚』でもフィナーレが、他の指揮者に比べて、特別感動的に仕上がっています。フルトヴェングラー、カラヤンともに「tutto tutto gia gi sa」からの第1幕終結部、ありあまる勢いを押さえるかのような、平坦な終わり方をします。なにか含みがあるようです。

 ベームの演奏は、特にこの66年盤は、ちゃんと熱く盛り上がって、感動につつまれ終わります。オケが弱めなのに、歌手の声がよく通るので、熱気が伝わってきます。

 ベームの1967年盤と1977年盤はずいぶん違った演奏です。歌手の名前だけ見れば、文句なく1967年盤ですよ。ペーター・シュライアーだけ共通しているのも、なんだか良いですね。


ドン・ジョヴァンニ……ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ
ドンナ・アンナ……ビルギット・ニルソン
ドン・オッターヴィオ……ペーター・シュライアー
ドンナ・エルヴィラ……マーティナ・アーロヨ
レポレロ……エツィオ・フラジェルロ
マゼット……アルフレード・マリオッティ
ツェルリーナ……レリ・グリスト
騎士長……マルッティ・タルヴェラ
プラハ国立歌劇場管弦楽団&プラハ・チェコ合唱団
1967年2~3月、プラハ


ドン・ジョヴァンニ……シェリル・ミルンズ
ドンナ・アンナ……アンナ・トモワ・シントウ
ドン・オッターヴィオ……ペーター・シュライアー
ドンナ・エルヴィラ……テレサ・ツィリス・ガラ
レポレロ……ワルター・ベリー
マゼット……ダーレ・デュージング
ツェルリーナ……エディト・マティス
騎士長……ジョン・マカーディ
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団&ウィーン国立歌劇場合唱団
1977年7月29~30日、8月1、4、8、18、27日、ザルツブルク



 
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2012/02/23 21:31] | ドン・ジョヴァンニ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<マルタ ヴァレッタの嵐の後 | ホーム | ODLE・ヴァレッタ郊外>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/873-12d45d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |