■春・鳥取・島根2日目・4月9日(月)4■風土記の丘■
山陰17

山陰20

山陰18

山陰19

山陰21


☆ 風土記の丘、桜の神魂神社は、やっぱり人がいないの巻


 ほんまは米子に来たら「大山」。大山ループバスも乗ってみたかったが、どういうわけか4月28日以降でないとやってない。まだ寒いんだろうけど。それで、実は、今日は松江に行くのである。なぜなら松江の博物館や美術館は、明日の火曜日休み。足立美術館は年中無休なので、明日でも行けるのだ。

 JR9:36米子→松江10:08 32m\480。パン2個\250。

 松江駅で時間があるので、観光案内所に行ってみた。八雲立つ風土記の丘、神魂神社、八重垣神社を巡るコース。ネット上では手に入らなかった、八重垣神社方面のバス時刻表ももらった。8年前に来たときは、風土記の丘にバスで向かい、途中を1時間ちょっと歩いて八重垣神社から松江に帰ってくるコースをとった。

 どちら行きのバスもほぼ同じ時間に出ていたし、反対向きのコースも検討したが、以前火曜休みで見ることが出来なかった「八雲立つ風土記の丘」(これが公園と博物館の名前)に向かう。

 バス10:33→:59風土記の丘入り口\300。以前と同じく、ここで降りたのはわたし一人だった。博物館\200に入ると、県の視察回りの人3人、以外はお客はいない。ここら辺一体、出雲政庁や国分寺跡のジオラマや出土品がある。レンタサイクルがあるので、しかも八重垣神社で乗り捨てできるのであるが、すごい強風のため断念。

 今回どこでもそうであったのだが、観光案内所の、受付の、あるいは学芸員で案内係のお姉さんが、お客がわたし一人のため、十分にヒマそうであった。そこで「伯耆古代の丘公園」の名前改め「妻木晩田(むきばんだ)遺跡」について、そもそも電車で行って、行けるのか?聞いてみた。

 ここの風土記の丘じたいがそうだが、そもそもこんな所へ行った人がいるのか、関東の方から。おそらく受付の女性も、聞かれたことがないらしい。ネットで調べて、しかも印刷してくれた。別の県の遺跡なのに。それもなんどもやり直してくれた。

 そういうわけで気をよくして、天気がいいので、外のテーブル席で買ってきたパンを食べる。自販機も横にある。缶コーヒー\120。広い公園に、なにやら作業員らしき人たちが見えるが、お客らしい人はいない。

 12:05~神魂(かもす)神社に向かって歩き始める。やっぱり突風が吹いて歩きづらい。途中に、「出雲かんべの里」という巨大なお店があるが、前回も今回も寄らなかった。神社には、10分ぐらいで着く。あいかわらず清浄で、だれもいない。

 神魂(かもす)神社は出曇国府に近い古代出雲の中心地。本殿は現存する最古の大社造建造物であり、現在の社殿は天正11年(1583年)の再建と考えられている。

 出雲大社や伊勢神宮などと違って、本殿が丸出しで、というか本殿しかないように全部、間近で見ることが出来る。行き帰りに、誰かとすれ違ったりはするが、本殿前にいるときは、前回も今回も、自分ひとりだった。この神社前には、地図にも実際にも、バス停があるのだが、バスは通っていない。


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

[2012/04/20 13:09] | 国内旅行 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<■春・鳥取・島根2日目・4月9日(月)5■八重垣神社■ | ホーム | ■春・鳥取・島根2日目・4月9日(月)3■米子城■ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/905-86ad4d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【■春・鳥取・島根2日目・4月9日(月)4■風土記の丘■】
☆風土記の丘、桜の神魂神社は、やっぱり人がいないの巻ほんまは米子に来たら「大山」。大山ループバスも乗ってみたかったが、どういうわけか4月28日以降でないとやってない。まだ寒いんだろうけど。それで、実は、今日は松江に行くのである。なぜなら松江の博物館や美術?...
[2012/04/20 13:22] まとめwoネタ速suru
| ホーム |