「油絵を描く」 津田やよい
油絵を描く津2



 いい油絵の本が出た。
 この本は、全くの初心者用の技法書ではない。グラフィック社のビギナーズ・ノートというシリーズの一冊であるが、とても絵を始めて数年では、理解できない内容だと思われる。

油絵を描く ビギナーズ・ノート 津田やよい
 第1章「油絵の基本技法をマスターする」
 第2章「画家のアトリエ」

 本のいちばん最後に、申しわけ程度に、油絵の具やオイル、キャンバスについての情報が載っている。いろいろな技法が出ているが、一作例見ただけで、そんなにマスターできるわけもない。「画家のアトリエ」では、津田やよいさん以外の4人の作品も出ていて、それなりに楽しめる。

 もうちょっと第1章の基本の作例に集中してくれるとありがたいと思う。しかし、プロセス解説と写真のわかりやすいこと、作品の魅力的なことは、類書で見たことのない見事さだ。このまま、手順を踏んでマネをしても、勉強になるに違いない。




スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/05/18 22:00] | 美術の本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<■春・鳥取・島根4日目・4月11日(水)12■古代出雲歴史博物館■ | ホーム | ■春・鳥取・島根4日目・4月11日(水)11■出雲大社■>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/920-f62eee21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |