■春・鳥取・島根4日目・4月12日(木)13■西谷墳墓群■
山陰63

山陰62

山陰64

山陰65

☆ 西谷墳墓群。なぜだか、工事中の斐伊川が見える。


 昨日、雨のためやる気をなくし、出雲大社から3時半頃、出雲市駅までもどってきて、観光案内所で聞いた。この近くで、これから行けるところってある?

 バスで20分ほどで行けるところがあるそうだ。それで4時過ぎに行って、6時頃に帰ってこれるバスもある。しかし、昨日は雨の中歩いて、なんだかやる気がない、明日の朝でもいいかな?と考えて、次の日におくったのだ。なにしろ、石見銀山に、あまり早く行っても、時間をもてあますから、朝どこかに行ってもよかったのだ。

 バスの時間を考えると、広島まで移動の荷物もあるし、チェックアウトする前に行って、10時までにホテルに戻ってくるのが良いと考えた。なんだか、バスに乗り遅れたりの失敗の可能性も心配した。このホテルは、10時から3時までは玄関を閉めるのだ。

 バス出雲市駅8:06→:25博物館前 \190。
西谷墳墓群、出雲弥生の森博物館 バス帰り9:37→:52 \190。

 バスに乗ってみると、観光案内所でもらった、停留所の順番と全く違うバス停に止まる。方角も全然違う。こりゃ、間違えたかな?と思っていたら、途中から同じルートになった。行きと帰りでは、ほんのちょっと違うルートになっているのだが、バスマップには載っていないのだった。

 博物館が始まるのは9時からなので、横にある「西谷墳墓群」という、一見ただの公園、むきばんだ遺跡のような復元された公園を散歩する。バスを降りるとき、同時に降りた女性が、この博物館の職員のようで、時間まで公園を見ていればいいと、教えてくれたのだ。あくまでも博物館がメインだと、言い張っていた。

 「西谷墳墓群」は、朝なので気持ちが良い。高台から斐伊川も、ちょっとだけ見える。しかしまいど、人が全くいない。いつも貸し切り状態で申し訳ない。30分ぐらい歩いて博物館に行って、入り口前に立っていると、5分ぐらい開館時間前なのに入れてくれた。

 「出雲弥生の森博物館」適当に親切で良い。中に入ると、職員だけ10人以上いて、あたりまえだが、お客は私一人だ。したがって、なんだか偉そうな人が案内してくれた。まあ、わざわざ来るほどでもないが。ここも数年前に出来たそうだ。

 出雲大社横の博物館と、ここと、二つも新しい観光拠点が出来たと言っても、出雲大社しか見るものがないような気がする出雲市である。JRの駅と周辺のホテルは、以前来たときは新しく立派だったが、そのせいもあってか、以前よりも街が古くなったような気がする。なんだか元気がない。

 10時ギリギリにホテルに戻り、部屋から荷物を持ち出した。
昨日2回もお世話になった観光案内所にもう一度よる。手持ちの荷物を見せて、まいど気にしている「石見銀山では、どのバス停で降りたらロッカーがあるのか?」を再度尋ねてみた。昨日とは違う人だったのだ。

 いろいろ予想をして話し合ったあげく、わからなくて銀山に電話してくれた。バス停は3つある。真ん中のバス停で降りた案内所で荷物を預かってくれるそうだ。ロッカーは、最初のバス停にある。という話だったが、真ん中のバス停の方が、施設がそろって安心そうだった。こんな情報は、どこにも書いていないぞ。

スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

[2012/05/24 17:48] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<デルフィ糸杉2-3回目 | ホーム | 歌劇「椿姫」 デセイ、エクサン・プロヴァンス公演>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/923-0f4e8853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |