■春・鳥取・島根4日目・4月12日(木)15■広島路線バス■
山陰71

山陰72

山陰73

山陰74

山陰75





 今回のツアー中最大の難関(そんなたいしたことない)である、中国山越えバスである。移動中の荷物問題もあったし、この最終便バス1本を逃すと、たぶん広島へいけないのだ。電車では、時間がかかりすぎる。なんとか出雲ぐらいまではもどれるだろうけど。逆に、広島までいってしまえば、たとえ飛行機が欠航になっても、うちまで帰ってくるのは簡単である。

 1時間ほど散歩してから、観光協会で荷物を受け取り、バス停で20分も前から待つ。待っていると、他の路線もそろそろ最終便なのか、やたらと別方向のバスが来る。大田行きはもちろんのこと、仁万行き、いくら調べても見つからなかった石見川本駅行きまで来た。

 このバス停には、バスが方向転換するぐらいの敷地があって、ちょっと奥の方にバスを待つベンチがある。その私の乗らない、別方向のバスは、いちいち敷地内をぐるっと回転し、乗らない私の前でいったん止まってから、発車した。

 その後、予定時間を5分過ぎても広島行きバスが来ない。広島まで3時間もかかるバスなんだから、他よりもちょっとはデラックスなハズだ。そう思っていると、ちょっといいバスが来た。今度は道に出て、立ってバスが止まるのを待った。ところが、その「広島」と書いてあるバスは、私を無視するかのように通りすぎていった。

 ええっっ!行っちゃったよ。広島行き。行っちゃったよ。どうしよう。もう、バスないよ。もう時間過ぎてるし、あのバスに違いないよね。

 と、隣のお店のおじさんに、動揺して話しかけたのだ。
「うーんでも、ここは、観光バスも通るから、違うバスかもよ」
「だってもう、予定時間をだいぶ過ぎてるんだけど」

 そしたら、遠くから、今までと同じかもっとボロっちい普通のバスがやってきて、確かに「広島」と書いてあった。このバスも手を挙げないと、止まってくれそうにない勢いだった。その前までの、バス停ぐるっと回って止まってくれるバスと違う。

 遠距離バスだから、リムジンバスみたいなのが来ると思うだろ。乗り口で、心配なので、運転手さんに広島行きを確認すると、それには応えず、「整理券、取ってください!」と怒られた。3時間も乗るのに、整理券?。乗ってみれば、普通の路線バスだった。そういやあ、8年ほど前、出雲から広島まで乗ったときも、路線バスだった。

 路線バスだから、バスの降り口に、整理券番号と料金が表示されるのだ。その金額が桁違いなだけだ。1番¥3,300、2番¥3,000てなふうに。岡山・松江間のバスは、そんなことはないので、広島路線だけの特例なのだろうか。それにしても、山陰本線も、れっきとしたJRなのに、整理券表示があるし、無人駅で運転手が精算してくれる。

 バスは、山陰から山を越えて山陽に向かう。だから、けっこうな山岳地帯を通過するので、めったに見られない景色があって、そこそこ楽しかった。しかし、広島に近づくにつれて、ただの大都会になった。いままで、人の少ない田舎町にいたことを、実感させられた。いきなり、東京に放り込まれたような気分だ。

 駅前のホテルをとっていたのだが、駅が巨大すぎる。バスを降りた北口から、反対側の南口に行く道がわからなくて、1階に降りたり、2階に戻ったりしたあげく、結局、改札の駅員さんに聞いてやっとわかった。そんな表示はないし、北から南にぬける通路は1カ所しかないのだ。すぐ近くのホテルに着くのに15分ぐらいかかった。広島は苦手じゃ。

 ほんとは駅前のホテルではなくて、明日泊まるホテルか、岩国に泊まりたかったのだが、今日は、出雲から石見銀山→広島という長距離移動だったので、弱腰で広島駅ちかくのホテルにしてしまったのだ。こんな大都会の駅前のホテルが割安なわけがない。
。 
バス大森16:22→広島駅18:58 2時間35分\3000。
広島駅前グリーンホテル \4980。 コンビニ\1233。



スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

[2012/05/31 18:48] | 国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<わたしはお昼を食べてもすぐ寝る。 | ホーム | 歌劇「リゴレット」 ロペス=コボス指揮 リセウ歌劇場2004>>
コメント
初めまして!大田市観光協会の職員でブログを管理しているものです。

観光協会に立ち寄っていただけてたんですね!ありがとうございます!

それにしても、バスの件は石見交通にお伝えしておきます!

不愉快な思いをされて申し訳なく思います!

長旅ご苦労様でした!
[2012/06/02 23:57] URL | 大田市観光協会 #- [ 編集 ]
ありがとうございます。
観光協会の方ですか、ありがとうございます。
バスについては、大田→銀山行きが、新しいバスだったので、ちょっと期待していたせいで、ガッカリしたのもあります。冷静に考えれば、とくに悪くはないのかもしれません。
観光協会の方は、とても親切でした。
[2012/06/03 11:29] URL | にけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/927-2d6f0d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |