■ 言葉は徹底して考え抜くための道具  7月の図書 ■
英語片岡

☆ リスボン


『日本語で生きるとは      片岡義男』より

 大人が外国語を身につけようと思うなら、その外国語のルールにしたがって、意識的に科学的に、しかも大量の勉強をこなすほかに、有効な手段はひとつもない。

 英語という言語は、文法のルール正しく守ることを、厳しく要求する。ルールの厳しさが、そのまま英語という言葉の全体だ。ルールの厳しさは、しかし、学びやすさでもある。ルールにのっとればたちまちつうじて、どこまでも機能してやまない。

 外国語を正しく学習していく過程において、その学習者はおおむね孤独であるという原則は、無理なく成立すると僕は思う。言葉というものは、孤独において、もっともよく学べるのではないか。彼らに英語がきちんと学べないのは、彼らが孤独というものを知らないからではないか。孤独を知らないとは、考え抜けるところまでとにかく徹底して考え抜く、といった作業と無縁のままであるという意味だ。言葉は徹底して考え抜くための道具だ。

 いつも入っているための自分専用の枠が、なぜそんなに必要なのか。個人としてきわめて脆弱だからだ。個人としてたいへん弱いとは、どういうことなのか。鍛えられていないからだ。個人はどのように鍛えられるのか。言葉によってだ。言葉は考えを言いあらわす手段だ。その言葉が鍛えられていないとは、自分でものを考える力がきわめて弱い、ということにほかならない。

 英語という言葉で生きるとき、人はその言葉によってなにを要求されるのか。要求されていることに対して、なにほどか応えていくのが、人生なのではないか。要求に対する多数の人たちの応えが、その社会を作っていくはずだ。

 英語という言葉は、個人という主体性を、可能なかぎり社会的に機能させようとする力を、その構造と性能のもっとも深い部分に、内蔵している言葉だ。

 人は自分のすべてをひとまず音声に託さなくてはいけない。だからとにかく人はしゃべらなくてはどうにもならない。自分とは自分の意見をしゃべりつづける人だ。



『ドン・ジョヴァンニ』エストマン ドロッドニングホルム宮廷劇場
『ドン・ジョヴァンニ』クイケン ラ・プティット。バンド
『ドン・ジョヴァンニ』(ハイライト)ハンス・レーヴライン DG ディースカウ
モーツァルト:オペラ・アリア集 バトル レヴァイン
平均律クラヴィーア曲集:第1巻 BWV846-869 フリードリッヒ・グルダ 
歌劇《仮面舞踏会》 クエスタ54 チェトラのスタジオ録音
歌劇《仮面舞踏会》 セラフィン43 ジーリ
歌劇《仮面舞踏会》 カラス、ステファノ、バスティアニーニ スカラ座ライブ58
歌劇《仮面舞踏会》 ドイツ語歌唱によるハイライト 
歌劇《仮面舞踏会》 ムーティ75
歌劇《仮面舞踏会》 カラヤン79
歌劇《仮面舞踏会》 ショルティ85
歌劇《アイーダ》クエスタ51 チェトラのスタジオ録音
「カルメン」 ドイツ語ハイライト フリッチャイ58

MISSLIM 荒井由実
ワルツ・フォー・デビィ(+6) モニカ・ゼタールンド エヴァンズ
ライヴ・イン・ジャパン ジョージ・ハリスンwithエリック・クラプトン
寒水魚 中島 みゆき
ショパンピアノ協奏曲第1・2番 アルゲリッチ
陽水ライヴ・もどり道 井上 陽水
ハンサムボーイ 井上 陽水
断絶 井上陽水
氷の世界 井上陽水
陽水Ⅱ センチメンタル 井上 陽水


めづめづ和文化研究所京都 小栗 左多里
後白河法皇 平家を滅亡させた黒幕 河合 敦
次元とは何か 0次元の世界から高次元宇宙まで ニュートンムック
もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら 工藤 美代子
世界をやりなおしても生命は生まれるか? 長沼 毅
若返り食堂 50歳を超えても30代に見える人の食の習慣術 南雲 吉則
傷つきやすくなった世界で 石田 衣良

大震災の後で人生について語るということ 橘玲
源氏将軍神話の誕生 清水真澄
★あなたがあたえる ボブ・バーグ
国がダメでも「脳」がある 茂木健一郎
だまされ上手が生き残る 石川幹人
英会話世界一シンプルに、あなたの気持ちを伝える本 宮野 晃
すべての女は美しい 荒木 経惟 
15分あれば喫茶店(カフェ)に入りなさい。 齋藤 孝
★傘の自由化は可能か 大崎 善生


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

[2012/08/01 11:38] | 今月の図書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<赤のシクラメン 2 | ホーム | 赤のシクラメン 1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://samotorakenike.blog91.fc2.com/tb.php/962-2ce7eba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |