ゴルドって
「フランスの美しい村」全踏破の旅  を、またまた借りてきた。
以前描いてあったF3ゴルドの絵の続きを少し描いた。
それ以前に、何の縁かゴルドは3点ほど描いている。

 ゴルドとはフランス、プロヴァンス地方のリュベロン山麓の村であるが、まだ行ったことはない。写真で見る限り、なんとなくエズやレ・ボー・ド・プロヴァンスに似ているような印象がある。この2つの村の絵はたくさん描いている。

 小高い丘の上に古い石造りの家が密集しているだけのようにも見えるが、本の解説によると、プロヴァンス地方でもっとも人気が高い村で、毎年100万人以上の観光客が訪れるという。写真集では、なにしろ150ぐらいの村が出ているから、イマイチ魅力が伝わらないが、とても素晴らしい村に違いない。


2013-23gorudo.jpg

2015-5.jpg


2015-13.jpg


「フランスの美しい村」 全踏破の旅

「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/02/10 17:42] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
手と手と
先日取り上げたヴァン・ダイクの貴婦人の手をまねしてみました。
手を自然に描くのは大変難しい。

手1

手2


こちらも先日の聖アグネスの手アップ。

手3

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/02/07 20:33] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
港町ブルースよ
これは仲間のグループの初心者メンバーが描いた絵
ではなくて、私の絵なのだが、
ちょっとヘタそうに描いてみました。
その昔、親戚のおじさんの家に行くと、ステレオがあった。
おじさんの家には、カーフェリーで行くのだ。
ステレオ(オーディオセットのことだ)があったのだが、
レコードが「森進一と青江美奈」しかなかった。
しょうがなく、小学生だったぼくは、そればっかりかけたものだ。
特に、「港町ブルース」「伊勢佐木町ブルース」が記憶に残っている。

港町ふるいえ

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/02/04 16:45] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
聖アグネス 2
 この絵は、ディエゴ・マリア・リベーラという、恐らくスペインの画家の「聖アグネス」
借金のかたに、裸で市中引き回しの刑にされそうになったが、神に祈ったところ、髪が伸びて体を隠してくれたというお話のようだ。絵が出来たら、もうちょっとちゃんと調べてみようと思う。


リベーラ3

リベーラ4

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/28 19:25] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ナザレの市場通り 3
ポルトガル、ナザレの市場通り、の続きです。
地面の不揃いな敷石を描き込んでいくと、遠近感が出てきました。

XZ100046.jpg

X2Z41370.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/20 18:24] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三つのオレンジへの恋 3
三つのオレンジへの恋 F6 2013年

2013-31ansuriumu.jpg

F10号での再挑戦。

2016-8ansuriumu.jpg

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/12 17:15] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
聖アグネス 1
またまたずっと以前の絵を発見したのであるが、急に描きたくなったので上から塗りつぶす。
珍しい人物画であるが、いまではもっと上手く描けるだろう。きっと。

リベーラ1

リベーラ2

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/08 17:30] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |