FC2ブログ
毘沙門堂

 山科駅近くにある「毘沙門堂」です。
近年観光パンフレットにも、石段が真っ赤になってる写真が出るようになってきましたが、それでも参観者は少ないです。
この日は、小雨が降ったりやんだり、今にも土砂降りになりそうな曇天で、写真がものすごく暗く映ります。そこで、カメラ付属のドラマチックトーンを使って派手な色彩にしてみました。最後の写真だけ、処理していない普通に映っているものです。天気が良かったら綺麗だったはず。


毘沙門堂1

毘沙門堂2

毘沙門堂3

毘沙門堂4

毘沙門堂5

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/06/13 19:05] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
何がお得か、NISA?
 気分転換に、いつもと全然違うことを書いてみる。書いてみないと、どうなるかわからないし、思ったよりも話が進むかもしれない。こんな事が気分転換なのかと思われるかもしれないが、ふだん絵を描いたり、散歩をしたり(昼寝をしたり)しているので、収入は少ないのである。(断言するな!)年金がもらえないかもしれないなんてことは、忘れるように努めている。

 だからして、一般のビジネスマンが考えているらしい?(考えてないかもしれない)仮想通貨などについて調べてみた。それというのもiPhoneみたいな「iPod」を手に入れたら、毎日いろいろなニュースが入ってくる。年始にはやたらビットコインの記事が目に付いた。

 その他、NISAだとか、つみたてNISA、確定拠出年金iDeCoなんてのも目に入っていた。ずっと以前に、個人年金というものに入っていたが、10年経ったら損保業界再編で保険会社が吸収合併され、予定されていた保険料率が大幅に下げられたため解約した。解約料は高くてひどく損をした覚えがある。

 仮想通貨なんて買ってはいないが、これからの世の中の変化に付いていくために、知っておかなくてはいけないと思い始めた。(たぶんチューリップバブルの)ビットコインの、その次に来るものはみんなが普通に使うようになると思われる。

 そこでもっちょっと現実的な「NISA」を調べた。要するに株式投資優遇税制だ。何冊も本が出ているが、要点は短い。(ビットコインの本もそうだが)そもそも株式投資を知らない人のための説明が多くて、実質が少ない。一応、優遇税制の体はとっているが、不利というか不当な点も多い。そして不都合なところはあまり語られない。


 そこで「NISA」の要点。
① 購入金額が年間120万まで。(累積600万円)(売った分再購入はできない)
② 最長保有期間が5年。(たとえば2018年6月~2022年12月まで)
③ 2023年開始まで有効。(2023年1月~2027年12月まで)
④ 通常税率約20%(復興税などあるかも)の、値上がり益と配当が無税となる。

 以上は、株価が値上がりすること前提である。いくらアベノミクスで株価が上昇しているからといって、これからどうなるかわからない。バブルだという説もある。だいたい一般庶民が、こんな少額投資なんて庶民だ、株を買おうと思うなんて、バブルの兆候だ。

 税制上・非常に不利なところ
⑤ 通常株の売却損は、他の利益と相殺できるが、この場合税制上の優遇はない。そのままの損。 
⑥ 5年経って値下がりしていて売らない場合、一般口座に移行になるが、その値下がりしている価格が取得価格と見なされる。元の値段に戻って売っても、値上がり益の税金を取られる。

というふうに、株価が値上がりすること前提でおすすめしている商品だ。小泉政権当時の低株価の時だったら、こんなもので得するなんて思えなかっただろう。だだここ数年、米国株に影響されたか、高配当のものがあるので、配当や優待ねらいだったらいいかもしれない。

テーマ:NISA - ジャンル:ファイナンス

[2018/06/10 15:49] | 資産運用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今熊野観音寺 2
 帰り道に通過した紅葉の名所「東福寺」、とその入り口の道(上の2枚)を入れてみました。
やはり今熊野観音寺の方が、圧倒的だと思います。



今熊野5

今熊野6


今熊野8

今熊野7

今熊野9

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/06/06 17:47] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今熊野観音寺

 京都駅からごく近い紅葉の名所「東福寺」、何度も行きましたが、2007年以降、パッとしないようです。
それにしては、人が多すぎて、電車もバスも(歩いていっても)混雑しています。その横にある、ついでに行きがちな「泉涌寺」も、人が少なくていいのですが、さらにその横に、目立たないけれど紅葉の素晴らしいお寺があります。

 けっこうな規模のあるお寺で、以前から紅葉の名所となっていますが、地図上では小さくしか書いてありません。紅葉まっだだなかの夕方、ふだんなら絶対に歩いていくぐらいの、京都駅から南口の泉涌寺と東福寺入り口まで、往復路線バスに乗ってみました。(市バス一日券を買っているので、使いたいのだ) バス停も、バスの中も人でいっぱいでしたが、どういうわけか両方とも座れました。ただやはり渋滞のため、バスは歩くぐらいの早さです。JR奈良線と京阪本線が交差する東福寺駅から行くよりも、よかったです。

 帰り道に東福寺も通過しましたが、「今熊野観音寺」の方が、圧倒的によかったです。


今熊野1

今熊野2

今熊野3

今熊野4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/06/03 10:11] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「学問ノススメ」3
yamadago2.jpg

この番組では、どういうわけか最後に「いちばん好きだった先生は?」という質問を、たいていしていた。そして、このときも、司会者がお決まり(らしく)質問をした。
「いちばん好きな画家は誰ですか?」

 『そんな「聞き分けのない女」みたいな言いぐさに、みんなよく答えてるよね。「誰が一番好きなの」「どっちが大事なの」。そんなこと決められないですよ。時計にしたって、どれが一番だなんて。』

 私が思うに、これは「信じることと知ること」に似ているようです。「私は地球が丸いって信じてる」と言う人は、今時いないでしょう。2000年前だったら別ですよ。地球が丸いことは、知っているものです。信じることではありません。マリア様を信じてるのは、イイかな?。全員がマリア様を信じていたら、そんなこと言わないでしょう。

 ですから、偉大な画家に対して「この画家が好き」とか「この絵が好き」とは使う気になりません。「私は、空気を吸うことより、水を飲む方が好きです。だから空気は吸いません」そんなわけないでしょう。好き嫌いの問題じゃない。しかし「AKBが好き」「ジミー大西の絵が好き」というのは、当然、ありです。

 たとえば「ルノワールが好き」なんて気軽に言う人は、ルノワール周辺以外の画家をろくに知らない人が多いような気がします。レンブラントもルーベンスも、ベラスケスもデューラーも、ボッスもティントレットも見たことがない人が多い。近年やたら、「フェルメールが好き」な人が増えたと思う。

 そうはいっても、質問に答えないわけにはいかないので、山田さん、しぶしぶ「こういうときは、この画家だと言ってます」と言い出した。そういっている間、私の方でも、答えを考えていたのだが、山田さんの答えと、まさに同じだった。音楽でいえば、バッハやモーツァルトのようなものです。失礼ながら、山田五郎を見直したところです。

 その答えとは別ですが、印象派付近では「マネ」の絵が好きです。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/30 21:42] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「学問ノススメ」2
yamadagoro.jpg

 留学してはみたものの、専門分野が決まっていなかった。たとえば、「北欧ルネサンス絵画」とか「アルカイック期のアテネ彫刻」とか「村上隆とアニメ」のようなテーマですね。ただ美術史を学ぶならば、日本でも出来る。せっかくザルツブルグに1年間すんでいるのだから、ヨーロッパの美術館を見まくる、ということになった。

 まあその当時も、イギリス(特に大英博物館)やドイツの美術館は、エジプト、ギリシャや近隣ヨーロッパなどの世界各地の美術品を盗んできて展示していると(悪い奴らだと、陰で)言われていた。

 美術館側に言わせると、現地のあいつらに持たせておいたら、作品が盗難にあったり、壊れてしまったりする。管理が出来ないのだ。その点、保存状態も完璧にし、一般に広くく展示もしている。ロンドンの公営美術館は、原則無料で見ることが出来る。文句があるかと、いうことらしい。

 彼がローマの町を散歩しているときに、公園にあるベルリーニの彫刻に、立ち小便をしているおじさんがいた。なんてことをする!と英語でつぶやいたところ、英語がわかったらしく返事が返ってきた。

 「おれたちには、こんな彫刻いくらでも作れるんだ。壊れたらまた作ればいい」子どもたちも、彫刻の上に乗って遊んでいる。「イギリスの奴らは、人から盗っていくだけで、自分で作れないもんだから、後生大事に美術館なんぞに入れてあるのさ」

 美術品や骨董品などというものは、元々、家庭で使うために作ったものだ。飾ってないで、お茶を飲め。同情するなら瓶をくれ。(つづく)


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/29 21:27] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラジオ版「学問ノススメ」
rankingjpg.jpg


 ユーチューブでいろいろ検索していたら、ラジオ版「学問ノススメ」というのがたくさん出てきた。正式には、「ラジオ版課外授業プログラム「学問ノススメ」のスペシャルエディション」。最初は確か「勝間和代」で出たのだと思うが、毎回ゲストが来る。香山リカ、よしもとばなな、三浦しおん、原田マハ、江國香織、山田詠美、川上美映子、西原理恵子、角田光代、川上弘美、と自動的に聴いてみた。
 
 だいたい一本1時間ぐらいかかるが、今はビデオレコーダーがなくなったので、時間がある。今までと違うことをしてみているのだ。iPodのおかげで、どこでも聴ける。

 その後、茂木健一郎、竹内薫、横尾忠則、島田裕巳、名越康文、小池龍之介、内田樹、養老孟司、と聴いてみた。その中で、山田五郎の話が、美術についてだった。

 山田五郎というと、最近では、「ぶらぶら美術館・博物館」という、某「日曜美術館」のように毎週1時間で放映している番組である。直近の展覧会を取り上げるので、内容がかぶることも多い。知り合いに、この番組の愛好家が少なからずいる。

 テレビのコメンテーターの発言は、普通のワイドショウでも聞きたくないが、美術について語られると、気分が悪くなることが多い。「ぶらぶら美術館・博物館」も、最初の頃は毛嫌いしていたが、最近は諦めて、他の報道番組よりもましだから見るようにしている。山田五郎の滑舌にも慣れてきた。

 それで「学問ノススメ」での山田五郎の発言は、意外なことにおもしろかった。

 若い頃、美術の勉強をしに1年ほどオーストリアの大学に留学したが、指導教授に言われたのが、時間が短いから、学問的な勉強をするよりも、ヨーロッパ中の美術館を見て歩いた方がいいということだった。(つづく)

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/28 11:22] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ばらの騎士 フレミング2009
バラの騎士2009


 『ばらの騎士』といえば、その昔、カラヤンがザルツブルグで上演したときの、旅行会社企画のパックツアーに申し込んだことを思い出す。申し込みはしたものの、あまりに高価すぎたので、結局キャンセルした。実のところ、それほど好きでもない。「影のない女」や「サロメ」などの方が好みだ。たぶん。

 それから、サヴァリッシュがミュンヘン夏の音楽祭で、R・シュトラウスのオペラを全曲を舞台にかけるというので、行こうかなと、思ったりもした。それから「影のない女」(4回)や「サロメ」(2回)、「アリアドネ」「ダフネ」は劇場で体験したのだが、「ばらの騎士」は2007年、チューリッヒ歌劇場来日公演でやっと、生で見た。

フランツ・ウェルザー=メスト指揮 チューリッヒ歌劇場 
2007年9月8日 オーチャードホール スヴェン・エリック・ベヒトルフ演出
オックス男爵=====アルフレート・ムフ
マルシャリン=====ニーナ・シュテンメ
オクタヴィアン====ヴェッセリーナ・カサロヴァ
ゾフィー=======マリン・ハルテリウス

 その準備で、有名な12種ほどのレコードとビデオを視聴した。「ばらの騎士」は、だから、10年ぐらい視聴していない。先日、ルネ・フレミングの歌う「椿姫」を見たら、思いのほか良かったので、借りてきました。

 ルネ・フレミングという歌手は、キリ・テ・カナワと同じような印象を持っている。歌は素晴らしいのだが、歌っている姿はあまり見たくない。と言っても、それほど彼女たちを貶めているわけではない。ほとんどの歌手は(歌手に限らないが)アップで見るのに耐えない。ちゃんと見ています。

 ビデオでは、音楽よりも映像の方が気になってしまう。シュワルツコップやデラ=カーザ、ジョーンズとポップなんていいですね。チューリッヒ公演の時は、ゾフィーのマリン・ハルテリウス。

 今回は、第3幕を見ただけだけど、とても良かったので書いている。
オックス男爵=====フランツ・ハヴラタ
マルシャリン=====ルネ・フレミング
オクタヴィアン====ゾフィー・コッホ
ゾフィー=======ディアナ・ダムラウ
歌手がなんと、カウフマンだそうな。

 そうでした、忘れちゃいけないティーレマン指揮によるミュンヘン・フィルです。ここ数年、いちばん聴きたい指揮者ですね。演出というか、舞台装置、背景がペラペラで貧相で、歌手の見た目も今ひとつだが、ティーレマンとフレミングはとても素晴らしい。以前レコードを聴きまくった時には、案外ベームの演奏がいいと思ったけれど、ティーレマンも(いつもと違って)、フレミングも、奇をてらったところのない、正統でまっ正直な公演だと思いました。

R.シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》 [DVD]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

[2018/05/24 17:54] | ばらの騎士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『手ぶらで生きる しぶ』
davido1_20180520171534ec2.jpg


 「手ぶらで生きる」を画像検索したら、胸に手を当てた女性が出てきた。なるほど、そうとれるか。

 家の電話はついにやめた。勧誘の電話が多く、実質的には年に数回しか用事がなかったからだ。ちょっと前までは堂々と、「携帯と時計は持っていない」と言っていた。今では持ち歩いてはいないが、家には置いてある。が、めったに見ない。まれに鞄に入れて持ち出したりすると、一週間ぐらい鞄に入ったままになっている。充電は、月に2回ほどしかしない。

 だからiPhoneみたいなPodを買ったら、ほとんど毎日のように充電しなくてはいけないのに驚いた。ウォークマンなんて、毎日6時間くらい聞いても一週間以上持つぞ。そんなことを人に話すと、毎日充電はあたりまえ、あなたが非常識なのだと言われた。

 先日、けっこうな東北地方などを放浪しているときに、ちいさな商店街あたりで、Podを聴きながら歩いていた。音楽が小さくなって電子音が入ってきた。どうやら一週間ぶりに、勝手にWi-Fiがつながったらしい。ラインとメールが入っていた。それらをチラッと見たが、すぐに切れたので、見ただけだ。見たから「既読」だろう。だいたい慣れていないので、文字を打つと時間がかかる。返信したのは、さらに一週間あとに家に帰ってからだ。

  これでは人から、以前取り上げた、ホリエモンみたいに思われるのではないか。
「自分の課題と、人の課題は違う。」
「人があなたのことをどう思うかは相手の問題なのだから、放っておく。」
「電話にはでなくていい」
こんな事がたくさん書いてある。
わたしは、他人には好かれたいので、実行する気はないが、こんな本が目に付くようになった。ざっとタイトルを上げる。

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由 小玉歩
手ぶらで生きる しぶ
好きなことだけして生きていけ 千田 琢哉
本音で生きる、好きなことだけで生きていく。、自分のことだけ考える 堀江貴文

なかなか思い切ったタイトルだ。その中から、半年前に買った。
「3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由 小玉歩」より
(かっこ内は、私の感想)
・「いい人」になるな。(いい人だと思われたい)
・空気は、あえて読まない。(本は、あえて読む)
・退社するときに、挨拶はしない。(そもそも出社しない)
・知り合いを増やすな。(増やしたくても、増えない)
・好きな人と行く以外、お酒の席は意味がない。(何事もたいした意味はない)
・メールの返信はしない。(気がついたら、なるべくする)
・決まり事など一つもない。(3つくらいはある)

先週買った、「手ぶらで生きる しぶ」から。
こんな生き方をミニマリストというそうだ。

・床で寝る(屋上で寝る、なんてのもやってみたい)
・月7万円で暮らす(できるけど、やらない)
・冷蔵庫・テレビは持たない。(重いものは持たない)
・「1日1食」で生活する(これもやってみたい)
・荷物はコンビニでしか受け取らない(荷物なんて、こないけど?)
・毎日同じ服を着る。(他に変えられるものがないから、服ぐらいいいだろう)

 とまあ、驚くようなことが書いてあるが、実のところ、今上げたのは、ちょっと実行はできなさそうなことであって、ほとんどのことは、とっくにやっていることが多い。

 週のうちで、全く人に会わない日の方が多い。携帯電話も、周囲の圧力に負けて(他人に合わせるのだ)とりあえず所有しているが、電話は月に1回ぐらいしかかかってこない。結婚式と葬式は、大人になってから合わせて2回づつしか出たことはない。これからも出るつもりはない。

 見直してみて、さらに共感できるところがありました。
・「努力しないための努力」だけする。
・自分にとって価値のある出会いは、自分のほうの準備が整ったときにごく自然な形で現れるもので、こちらから探すものではありません。
(肉球の匂いでも嗅いで、待っていてくれ)



手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法
3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由
好きなことだけして生きていけ
好きなことだけで生きていく。
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方
自分のことだけ考える


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/20 17:15] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
疎水取水口たて
先日、奈良京都・桜の写真で出しました、おなじみ
「琵琶湖疎水取水口」を縦型に描いてみました。

疎水大津3

疎水大津10

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/16 17:59] | アートライブ2017/18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
岩首棚田
 昨年になって急に注目された、棚田です。
田植えの真っ最中に、恐る恐る行ってきました。
いきなり住宅街を抜ける、車がすれ違えない細い道が続き、何度も横道に入って対向車をやり過ごしました。山道を登るときも農家の軽トラックが数台降りてきて、冷や汗ものでした。

 しかし、ちょうどお昼の時間になったので、途中からは全く、その後下界に戻ってくるまでは対向車に合いませんでした。農作業の迷惑にはならなかったと思います。わたしみたいな、風景目当ての車はまったくいませんでした。
しかし、素晴らしく絵になる日本風景です。

岩首1

岩首2

岩首3

岩首4

岩首5

岩首6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/05/13 21:43] | 国内写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
■ 夏目随筆朗読 4月の図書 ■

 以前から書いているように日下さんの朗読による「草枕」5枚組は、何百回も聞いている。その次は川端康成の「雪国」であるが、こっちは朗読がしっくりこない。名前が思い出せないが、長い間、大岡越前をやっていた人だ。

 そこで新しいものが入ったので聴いてみた。wisという女性の朗読で、他のモノも聴いてみたが、朗読自体は、まったく悪くない。とても聴きやすい。しかし、当然だが、内容がちゃんとした文学作品ほどではないので、何度も繰り返して聴けるものか定かではない。

 その他、ブッダ<法華経>、ブロックチェーンなどは、今年になってから気になっているので、よく読んでいる。


★★ギリシア人の物語 3 塩野 七生
いちまいの絵 原田 マハ
僕たちの前途 古市 憲寿
冷たい飲み物はとるな。 胡 伊拉
ほんとうの法華経 橋爪 大三郎  植木 雅俊
はじまりのブッダ -初期仏教入門- 平野 純
<法華経>の真実  ひろ さちや
親が倒れても仕事を辞めずにすむ方法 川内 潤
入門ビットコインとブロックチェーン 野口 悠紀雄
知っておきたい電子マネーと仮想通貨 三菱総合研究所
ビットコインとブロックチェーンの歴史・しくみ・未来  サイエンティスト編集部
スマホのトラブル 増補版  佐藤 佳弘
人口減少時代の土地問題 吉原 祥子
ニュースで学べない日本経済  大前 研一
秀吉の武威、信長の武威 黒嶋 敏
最高の結果を引き出す質問力 茂木 健一郎

★★わたしを離さないで カズオ・イシグロ
愛の宇宙方程式-合気を追い求めてきた物理学者のたどりついた世界- 保江 邦夫
10年後、君に仕事はあるのか? 藤原 和博
未百寿者の健康の秘密がわかった人生100年の習慣 NHKスペシャル取材班
人為バブルの終わり 若林 栄四
モチベーション革命 尾原 和啓
淡々と生きる-人生のシナリオは決まっているから-  小林 正観
食べ方問答 -少食のすすめ サンプラザ中野  甲田 光雄
神と人をつなぐ宇宙の大法則 -理論物理学VS仏教哲学- 保江 邦夫  稲葉 耶季
ローカリズム宣言  内田 樹
姿勢を正すだけで骨が強くなる!老けない体のつくり方  山田 豊文
絶望の国の幸福な若者たち  古市 憲寿
銀行消滅 副島 隆彦

★日本の恋と、ユーミンと。 CD3枚組
夏目漱石随筆選2-1倫敦消息 夏目漱石wis
夏目漱石随筆選2-2自転車日記、学生時代、落第 夏目漱石wis
夏目漱石随筆選2-3文士の生活、処女作、元日、変な音 夏目漱石wis
夏目漱石随筆選2-4手紙 夏目漱石wis
夏目漱石随筆選3-1夏目漱石wis「永日小品」
夏目漱石随筆選3-2夏目漱石wis「永日小品」
夏目漱石随筆選3-3夏目漱石wis「永日小品」
夏目漱石随筆選3-4夏目漱石wis「永日小品」
夏目漱石随筆選3-5夏目漱石wis「夢十夜」
夏目漱石随筆選3-6夏目漱石wis 「夢十夜」「文鳥」
夢野久作 死後の恋 wis
冬の旅 ホッター東京ライブ
マーラー第9番 テンシュテット

ハイドン「天地創造」 ガーディナー
モーツァルト ディヴェルティメント集 カラヤン
第39番第4番 Furtwangler44Berlin
交響曲第5番、第7番 クライバーCK74
ベ-ト-ベン第2番第8番 Scherchen54
BEETHOVEN SQ No.14 &16 Alban Berg 89Live
Gruberova コロラトゥーラの女王
HOFFMANN  小澤

カーリング 世界ミックスダブルス選手権2018

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/10 17:35] | 今月の図書2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
努力不要論 中野信子
努力不要


 然るところ世の中にいるうちは
 そこをどう避けてもそんな所はない。
 不愉快なものでも、嫌なものでも一切避けぬ。
 進んでその内へ飛び込まなければ、
 何にも出来ぬということである。
 死ぬか生きるか、命のやりとりをするような、
 維新の志士の如き烈しい精神で文学をやって見たい。(夏目漱石)


 中野信子さんは、「ホンマでっか!?TV」「英雄たちの選択」などでおなじみ(私だけかもしれない)の脳科学者。最初に見たのは、加藤浩次がBSでやっていた番組で、海外で活躍するIQの高い天才学者みたいなあつかいだった。

 このように、馴染みがあるので3冊ほど、彼女の本を読んでみたが、ワイドショーのコメントみたいで、おもしろくなかった。この本に限り、おもしろいところがある。導入で、さんまさんの番組について取り上げてある。さんまと紳助は、以前から、自分たちが成功したのは努力のせいじゃないと発言していたように思う。

 「運命はすべて決まっている」は論外だとしても、「才能がすべて」とは公に言いにくい。最近読んだ中でも「不都合な真実 橘玲」などの、いろいろな個人間の格差は努力では埋まらない、「それを言っちゃおしまいよ」な意見を発言する人が増えているようだ。

 大相撲の土俵に女性を上げるか事件でも、「神聖な土俵の上に、政治家が倒れたぐらいで、女性を上げるな!」という声は聞こえなかった。「そもそも政治家を土俵に上げるな」というのはいいと思う。政治家のセクハラ問題でも、反対意見が言えないようだった。

「努力不要論-脳科学が解く!「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本-」
このサブタイトル、「がんばってるのに報われない」と思ったら、というのは、本屋さんが付けたのでしょう。「がんばるから、報われない」か「がんばろうが、がんばるまいが、報われない」と読めてしまう。


「努力すれば報われる」という言葉がある。
その言葉の裏には「努力は報われてほしい」という願望が含まれている。
実際は、半分は本当だが、半分は美しい虚構だ。(本文より)

「努力は報われる」は、半分本当である
努力は人間をダメにする
「働いたら負け」は健全な変化
学歴や血筋の良さが必要なのは、発想力のない人間
役に立つことしかしない人間は家畜と同じ
努力をしない努力をしよう!
長生きしたけりゃ努力はするな(目次より)

多くの人間は、死の間際になると「あんなに一生懸命働かなくてもよかった」と口にするそうだ。そのほか「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てばよかった」「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」といった言葉も多いという。(本文より)


 めずらしく個人的に共感するのは、「努力をしない努力をしよう!」です。高校生の頃から、公務員・会社員にならず、通勤電車に揉まれず、上司や親や親戚(奥さん?)に煩わされることなく生きていこうと決めていました。夏目漱石に怒られそうですが、ゆるやかにそうして生活できるような環境作りに励んできました。

 死ぬか生きるか、命のやりとりをするような、
 維新の志士の如き烈しい精神で、努力しないで生きたい。


努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/05 18:17] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
琵琶湖疎水取水口
 いよいよ大津にある、三井寺の横にある、琵琶湖疎水取水口です。
ここは琵琶湖の南端で、京都の水路に注ぐ疎水の大本です。
インクラインにその痕跡が残っているように、昔は(といっても明治時代とか、そんなに昔ではない)ここから船で物資を運んだようです。
しかしこのトンネルは相当長いので、怖いでしょう。
見かけよりもかなり、流れも速そうです。
前回の四ノ宮の所まで山越えの道もあります。
(京都生まれで、大津に疎開していたという人がいたので、聴いた)

桜が極上なので、しかも人もいない、何度か見に行きました。


取水口1

取水口2

取水口3

取水口4

取水口5

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/05/01 18:36] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミックスダブルス世界選手権2018
 ワールドカーリングツアーの英語ページを見ていたら世界ランキングが出ていた。国別ではなくて、チーム別の実力だ。だからカナダのチームが上位にたくさんいる。スキップがチーム名である。

1位  ジェニファー・ジョーンズ
18位 藤澤五月
35位 小笠原歩
41位 松村千秋
74位 小穴桃里

 オリンピックに出場した藤澤LS北見以外を世界選手権に出すとは、しかも74位の富士急を出すとはね。

以上はどうでもいい枕で これから
ミックスダブルス世界選手権2018 藤澤・山口ペアの活躍について語る。

MD2018,4-2

MD2018,4


 NHK-BSでわずか2試合しか放映していませんが、藤澤・山口ペア活躍しています。藤澤さんの抜けたLS北見は、Humpty's Champions Cup(カナダ・カルガリー)で…活躍していないようです。テレビでやっていないので、本家英語のホームページで見ています。

A~Eまでの5ブロックに別れて、上位3チームが本戦に進みます。
藤澤・山口ペアは、5勝2敗で、C組2位で本線進出です。

日本 6-7 ニュージーランド▼
日本 6-7 エストニア▼
日本 10-2 ポーランド○
日本 7-6 ロシア○
日本 6-2 リトアニア○
日本 11-3 カザフスタン○
日本 6-5 フィンランド○

 本線では、現在の対戦表を見る限り、スコットランドチームに10対2で買って、次の順々決勝は宿敵韓国チームとの対戦です。しかし恐らく、写真で見る限り、めがね先輩ではないので、大丈夫でしょう。

 オリンピックの4人制チームのスキップはほとんど出ていないみたいなので、初出場ながら、メダルを取った藤澤さんは、みんなに知られているようです。


追伸: カーリングミックスダブルス世界選手権2018 最終順位 日本 第5位

テーマ:オリンピック - ジャンル:スポーツ

[2018/04/28 15:00] | カーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カプセルホテル
 最近、京都などに新型のスタイリッシュなカプセルホテルができていることは知っていた。カプセルホテルというものには、若い頃に一度、泊まったことはあるが、関西では、ふだん泊まっているホテルと大して値段も安くないから、気にとめないでいた。

 今年に限り、3月になってから桜開花予想が一週間以上前倒しになった。予約していたホテルがムダになったので、新たに探したら、土曜日はどうしてもとれない。(安価なビジネスホテルのことです)


 ちょうど、いつも泊まっているホテルの近くに新しいカプセルホテルができたようだ。予約してみた。しかし日にちが近づくにつれて不安が増してきた。昔の2段ベッドみたいなものとは違って、頭から縦につっこむタイプだ。閉塞感がすごい(ような気がする)。

 駅横の入り口から入って階段を上ると、レストランがあって唖然としたが、そのレストランのカウンター奥横に入り口があった。

 いつもスーパーで食材を買ってきて部屋で食べていたのだが、食事は禁止だ。しょうがないから夕暮れの公園で食べた。桜満開できれいな公園だったが、京都ではないので人は少なかった。

 トイレもシャワーも3部屋しかないので、心配していたが、2~3人だけしか、ほとんど人に会わなかった。それよりも、トイレとかその他で外へ出るたびに、いちおう服を着て、靴を履かなければいけないのが面倒だった。テレビもない部屋だったので、むりやり断食・瞑想修行をさせられているような気分だった。(買ってきたお菓子は、こっそり食べた)


CaHOTEL1.jpg

CaHOTEL2.jpg

CaHOTEL3.jpg

CaHOTEL4.jpg

CaHOTEL5.jpg

CaHOTEL6.jpg

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/26 15:43] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
琵琶湖疎水山科
前回の続き、四ノ宮の「諸羽トンネル」から
山科駅と「毘沙門堂」の間を通ります。
ついでに「毘沙門堂」も見てみますが、年々人が多くなります。
ここは紅葉の方がいいみたい。

山科1

山科2

山科3

山科4

山科5

山科6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/22 20:24] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
琵琶湖疎水四ノ宮
このあいだはうっかり人並みに有名なところに行って懲りたので、淀川背割堤のことです、桜満開でも人のほとんどいない場所に行きました。

浜大津からの京阪線、四ノ宮で降ります。
琵琶湖から京都市内へ向かう疎水の、まだ行っていないところです。
大津三井寺横の疎水取水口から入った水は、長い「第一トンネル」を抜けて地上に出ます。そこから「諸羽トンネル」までの短い区間です。その先は、山科毘沙門堂に行く途中の道を横切って、インクライン、発電所、南禅寺の水路閣に向かいます。

四宮1

四宮2

四宮3

四宮4

四宮5

四宮6

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/18 21:52] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
わたしを離さないで・再
わたしを話さないで


 カズオ・イシグロの著作は、昨年ノーベル賞を受賞してから急に、図書館から本が消えて、リクエストしなくては読めなくなった。その時に、試しに、リクエストしておいた「わたしを離さないで」が、半年経って届いた。

 とっくに映画にもなっているし、テレビドラマでもやられたらしい。ノーベル賞以前から、それなりに有名だったということだ。もちろん数年前に一度読んでいる。この本が、あまりにもよかったために、著者の他の本も全部読んだ。古典的文学は、あえて別にして、近年の小説の中では、もっとも優れていると思う。歴史に残る名作だろう。

 再読して、印象が違うのに驚いた。以前読んだときは、物語が始ったとたんに異常な状況につつまれて、入り口が衝撃的だった分、特にクライマックスもなく静かに終わったように思っていた。再読して、特にクライマックスがないという印象派同じだが、開始部は衝撃的でもなく、むしろ、淡々と情報を小出しにして、主人公も読者も、やわらかく真実を受け入れられるように、冷静に物語を進めているようだった。

 この本や、映画の評を読むと、物語が進むと少しづつ異常な状況がわかってきて、後半衝撃を受けるみたいなことが言われている。DVD評などは、表面的なことしか書いてなくて、「作者の言いたいことは全然違うんだ」と突っ込みを入れたくなる。これをSFだとか、自分とは別の世界の物語だと思っているのでしょう。冒頭部分でもう異常な状況は把握できたし、結末はむしろ、想像していたよりも穏やかなものだった。

 以前から、土屋さんの訳が素晴らしいと思っていたが、さらに確信した。翻訳だと、日本の小説などと違って、何を語っても他人ごとのように感じることが多い。ところが心の襞に吸い付くような、ピッタリの表現。他の言い回しは考えられない。日本語の文章はこうありたいものだ。



■二〇〇六年五月十日、ロンドンでの著者へのインタヴューから

イシグロ もちろんそうです。究極的な言い方をすれば、私は我々が住む人間の状況の、一種のメタファーを書こうとしていたのです。幸運であれば、七十歳、八十歳、恐らく九十歳まで生きることができますが、二百歳まで生きることはできません。つまり現実には、我々の時間は限られているのです。いずれ老化と死に直面しなければなりません。確かに私は、このストーリーの中で、若い人がかなり早く年を取る状況を人工的に作りました。つまり、彼らが三十代になると、もう老人のようになるのです。でもこれは、我々がすでにわかっていることを、別の新しい観点から認識させてくれる方法に過ぎません。人生についての疑間や希望を、我々が実際に直面するものと同じようにしたかったのです。
こういう理由で、登場人物たちを状況から“逃亡”させることには魅力を感じませんでした。奇妙な科学的な操作をして、老化プロセスを逆行させようとしたがっている少数のクレージーな人はさておいて、我々の体がいずれは動かなくなるという事実から逃げることはできません。


わたしを離さないで

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/04/15 19:10] | おすすめの本 2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
朱雀門ひろば
 京都の桜名所は、X JAPANの野外コンサート会場にでも向かっているかのような人混みの中を歩かなければいけない。その点、奈良は違う。(どこだって京都とは違うけど)桜とはとんと関係ないが、朱雀門ひろばが変わったらしい。

 奈良の平城宮跡は、京都御苑以上の広さを誇る。なにもこんなところを出さなくても、奈良の有名なお寺でも、人は少ない。京都のフィリピン人の集団などを見飽きた人にはお勧めだ。

 古代の100m幅くらいある道路以外、確か何もなかったはずの「朱雀門ひろば」の左右に立派な建物が出来た。「平城宮いざない館」というものらしい。さらに池があって「遣唐使船」もある。無料だ。けっこう建物が建ったのだが、それでもまだスカスカである。

 朱雀門から平城宮の中心部を見ると、遠くに大極殿が見える。ここは新大宮と西大寺を結ぶ近鉄線が走っている。だから、18年前、初めて電車から朱雀門を見たときは驚いた。


朱雀門広場1

朱雀門広場2

朱雀門広場6

朱雀門広場5

朱雀門広場3

朱雀門広場4

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

[2018/04/12 16:33] | 奈良京都旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>